肥溜めも

面白くないです

0722

とりとめのない話

気付いたらバナナフィッシュのアニメとかはじまってた。最近HDの整理とかできてないけど録画できてるかな。

気になるアニメや映画たくさんあるけど、どうにもこうにも映像を見る気がしなくて止まってる。

スプラトゥーン、フェスだ!!やるぞ!!!!っておもってたのに読書楽しすぎて止められなかった…昼がんばりましゅ…

 

鉄鼠の檻

面白くて一気に読んじゃったよ。実は全部は読んだことなかった。相変わらずうんちく全然わからなかったけど。ただ作中でたとえ話を挟んでくれた分、狂骨の夢よりはわかった気になれた。気がしただけ。説明はできない。

私にしては珍しく、鈴の正体が読んでるうちにわかった。仁秀が赤子を拾ったとは言ってないこと、なんかの作品でストレスで成長せず子供の姿のままいる実年齢ハタチ越えたキャラクターがでてきたことを思い出して察した。(某ブログの感想でわかったけど成長しないキャラクター、金田一少年だった)

犯人は、消去法でっていうかそもそも怪しすぎてなんとなく察したけど、それでも途中までは魍魎の匣みたく複数の事件が絡み合って連続殺人のようになってるだけかも…と考えてどいつもこいつも怪しくみえた。それこそ、覚丹(字あってる?)とかね。描写が少なかったし普通に偉くて大物かと思った(仏教への造詣浅すぎてそもそもフラグがわからなかったかもだけど)

いつもの通り薬物が出てきて大喜びしたけど、別になんてことはなかった。仁秀が飯窪さんにしきりにお茶をすすめてたの、薬物入ってるのかと勘ぐったけどそんなことはなかった。ただ老人がひとり中毒になってるだけだった。

そういえば全然関係ないはなしだけど、ヤクが出たシーンで唐突にアニメのワンシーン思い出したんだ。内容は、数人がある宗教団体に潜り込んで一緒に生活してその団体を探ろう!ってあらすじ。その団体の食事に、実は少しずつ強力な麻薬がもられてたんだ。まあ数人のうちの一人が経験上食べ物の味で察して食べたあと吐いたり吐かせたりしたんだけど、別行動とってた一人がそれと気付かず食べちゃってあとあと禁断症状とか吐き気とかで苦しむ…ってシーン。そいつを思い出したんだけど、タイトルが思い出せない。うわーーーーこれなんだっけ!!!めっちゃ気になる!!!って思って10分くらい悶々悩んだ結果銀英伝だったわ。こいつを忘れるなんてヤク中大好きマン(語弊)失格ですね。

慈行(この人の名前わかってても脳内でジギョウって呼んじゃってた)の容姿、やたらと褒められてて脳内キャスティングで岡田将生くんだった。重力ピエロのおかげで綺麗な顔立ちの男は大体岡田将生くんになってしまう。

久遠寺さんの掘り下げよかったなあ。鈴に肩入れしてしまう老人に切なさを感じてしまう。そんでもって菅野生きとったんかワレェ!!

榎さんの自由っぷりが本領発揮ってかんじでめっちゃよかった。榎さんいたら犯人わかっちゃうからああなったんだろうとメタ的なものを感じないこともなかったけど。ラスト、京極堂がいよいよ寺へ!ってシーンで待ってたのめちゃくちゃ熱いやん…。こういうところ大好き。他にも、祐賢殴ったところとか、菅原と会うところとか、榎さんかっこよすぎてふせん貼った。あとで読み返そう。

鈴子と兄が近親相姦なのは割と早いうちに気付いて(なぜなら私は近親相姦が大好きだから)ウフフってなった。鈴が姑獲鳥の涼子(京子)とかぶるあたり、やっぱり鉄鼠は姑獲鳥と地続きの話だなあと思わざるを得ない。いや厳密に言えばここまでの話全部地続きなんだろうけど、なんていうのか、関口巽視点で大きく繋がりがあるな、と感じた。

いつも分冊文庫で読んでるんだけど、今回なんで4巻にわけたんだろう。3と4やけに薄くて一緒にしていつもみたいに、上中下にすればよかったのに。

今回木場さんでなくてしょんぼりですわ。絡新婦の理楽しみにしてるから出てね(懇願)ていうか絡新婦の理の舞台が女学校で今からドキドキのワックワク。

広告を非表示にする

0719

とりとめのない話

このブログ、毎回酔っ払いがほぼ一発書きで書いて推敲なんてないブログだからあとから自分で読み返して「てにをは」とか誤字脱字とかやばいことになってる、ていうか文脈でよみとるには無理があるレベルにパッパラパーな感じになってるんだけど、それでも読んでくれる人義理がヤバすぎて愛してる(はぁと)ってなります。愛してる。

でも恥ずかしいし反応できないから別に感想言わなくていいよ。

 

敬語キャラのはなし

友人と敬語キャラの定義についてぶつかったから、改めて自分にとって敬語キャラとはなんぞやを考えた。

○主観で敬語のテキストが多い

○村人A(モブ)に対して敬語で話しかけるかどうか

ってことだと結論。もちろん例外はあるけどね。

言語化するとめちゃくちゃ範囲広いな。モブって言っても、どんな人柄なのか、とかいろいろあるだろうし。こういっちゃなんだけどテニプリキャラとかは話す相手が中学生にみえるかどうかで態度ころって変わりそうだし(でもそういう人って大体敬語キャラじゃないと思う)。ていうか主観て。

この条件でいうなら、幽白の蔵馬は敬語キャラではない(なぜなら主観で敬語のイメージがないから)し、とうらぶの長谷部も敬語キャラではない(彼が敬語であるのは敬意をもっている主に対してだけで同じ位以下の者に敬語で話している様子はないから)。

微妙なところで、FE蒼炎・暁のエリンシアやFateの桜とか数えてないけどおそらく敬語で話しているテキストのほうが多いであろうキャラクター。独白とか抜きにね。私の敬語キャラの定義に入るけど敬語キャラではない。でも、はっきり敬語キャラではない!て断言されると「そうかなあ…」と難色示してしまう。グレー?

柔軟な思考って大事だと思ってわかってくれワハハ。

うまくまとめられないけど、つまりは敬語がアイデンティティというよりは、敬語の要素があるかどうかみたいな。範囲ガバガバ。

ガバガバついでにいうけどゼノサーガのお兄ちゃんは敬語だと思うよ。

広告を非表示にする

0717

メギド72

最近やってるスマホゲー。面白い。BGMがいい。なのにOPアニメだけなんだか古臭い。

すきなメギドはゼパルちゃんとマルファスちゃん。

最強正義シスター、マルコシアスちゃん強すぎて「もうこいつだけでよくない…?」状態。私の本性は獣!!で大体のボスが倒せる。

キャラの育成がんばりたいあまり、シナリオが進まない…。もっとドロップ率あげて。具体的にいうと異界の香木100個ください。

 

狂骨の夢

二人一役ってこと以外ぜんぜん覚えてなかったから、まるで初見のような気持ちで読めた。どっちが本物の朱美だったのかすら覚えてなかった。

民江の人生、想像の数倍悲惨で「ヒエェ……」って声出る。親公認のうえで10歳前後で半ば無理やり男と交わることを強要されて恋した男は欠片も自分のことを見てくれていない挙げ句利用されて手にかけることになるとか。記憶なくしてからも人違いからとはいえ、実の兄に精神的に追い詰められて陵辱、夫を殺すように仕向けられる。地獄か?

宗像賢造のやり口えげつない。よく思いついたな。真冬の深夜寒空の下、宇田川の帰宅を待っていたところにすさまじい執念を感じる。

民江が首を切った理由、京極堂は「答を知っている」って言ったけど馬鹿なので全然わかりません。どゆこと???

降旗と京極堂のやりとり、難しくてわかんないよお…。心理学自信ニキ解説してよお…。超記憶やら、超自我やら専門用語多すぎるよ!注釈で解説して!!(ゆとり)フロイトとかモーセとか失った自己愛を取り戻したとか言ってた辺りが一番わからなくて頭パンクした。wikiみてもよくわからないし心理学向いてません

ラストシーンで突然お坊さんが死ぬの不謹慎だけど唐突で笑ってしまった。

わかんねえわかんねえばっかり言ってて頭悪い感想だな!人の感想や解説でも読んでわかった気になりますか!!

 

追記:民江が首切ってた理由わかりました。フロイトの解釈で首≠男性器だから…・・切ったみたいな、そういうことなんですね。なるほどなあ(バカ)

広告を非表示にする

0710

夢のはなし

夢って、眠る方の夢じゃなくて、夢小説、乙女向け的な夢のほう。

私は幼女時代からの生粋の夢女だけれど、それを夢ジャンルにいない他人に言うのすごく恥ずかしくて乙女ゲーやってるよ!推しのこと夢目線でみてるよ!って公言(?)するようになったのも結構最近できるようになったくらい。

"私如き"が夢妄想していることが恥ずかしいっていう恥であって決して夢そのものを恥ずかしいと思ったことはない。

古の女オタクならわかると思うけど、夢以外の一部の界隈(あくまで一部)では受け側に感情移入すると恥ずかしい、メアリー・スーは恥ずかしい、みたいな風潮があってその影響も少なからずある。確かに創作物にその奥にいる作者の人間性というか、モデルは私!みたいな自己主張を感じると純粋な気持ちで楽しめなくなる感情、わかる。まあそんな話はいま関係ないんだけど。

あと、それ以外にも私の生い立ちとか大いにあるんだけど、それも別の話。

とにかく、妄想の中に自己を登場させているという事実を他人にバレてしまうことがすごく恥ずかしかったんだよ!

妄想のなかに自己を登場させている、って言ったけどすごく広い意味で言っただけでよーく考えると私の夢への楽しみ方は完全自己投影型(ヒロインは私!)ってタイプではなく、自分の中に別の人格を形成してそこに感情移入して楽しむタイプ?なのかなあ。

私の中で夢小説の楽しみ方は大きくわけて3つあって

・完全自己投影型(いわゆるガチ恋、主人公(ヒロイン)=自分)

・自分の中に別人格を作って感情移入するタイプ

・完全オリキャラ(個性バリバリ)を作って楽しむ

以上3つ。

と言いつつ夢という存在を完全に3つに区分できるかと聞かれればそんなこともなく、上でも記した通り、私は自分の中に別の人格を作って楽しむタイプなんだけどそのうえで別人格にバリバリ個性もたせて楽しむから別の視点からみれば完全オリキャラで楽しんでるとも言えるわけで。じゃあオリキャラなんじゃない?って思うんだけど、その作り出した別人格だけで楽しむことはできないからオリキャラとしては楽しんでないのでは…?という結論。

ではなぜ、ガチ恋ではないのかというと、相手キャラの行動や挙動に萌えつつも「キモい」「私だったら絶対無理」という感情も両立している(いわゆる貶め愛?)わけで、でもそのうえで愛されたいわけではなくそういう部分を受け止めつつ愛し合っている二人がみたい~という感情があるのでそれってつまり愛し合うのは私じゃなくて、いいじゃん…?ということです。

ながなが書いてるけど、つまり私は夢を少女漫画に感情移入している、みたいな気持ちで楽しんでいるんだな!ってことで。

 

で、どうして私はそうした感情を恥じていたのか、ってついさっきまで考えていて、ふと何かを性的に消費することに自己が挟まっていることがとても恥ずかしいんじゃないかと行き着いたわけです。

どういうことかって、例えばヘテロやBLだと既存のキャラがイチャイチャしたりしなかったりすることに心動かされていて、完全第三者であれるわけで。そこに「最高…シコリティ高い(死語)」って冗談でシモネタ挟んでも生々しさはあまりうまれない。

けど、キャラクターとヒロイン(私が脳内で作り出したキャラクター)がイチャイチャしたりしなかったりしていることに対して「最高、抜いたわ…」とか冗談でも言ってしまうと、途端に生々しくて汚らしくみえてしまうわけで。

いやここまで完全主観で、夢じゃなくても生々しいわって言われたら「アッ…ハイ…すいません…」ってなるんですけど。

あとはヒロインの考えや、行動に私という人間を見出されることが怖くて恥ずかしくて本当に嫌なんだ、っていう気付き。あらゆる創作物はその人間がもっているもの、共感できない考えや許せない行動など含めて、いろいろさらけ出していると思うんだけど、その中でも夢ってジャンルは「自己投影」って部分が大きくしめているから、私という人間がそう、だと思われることに恐怖感があるんですよ。もっというと、何かに好かれようとしている自分を見られるのがすごく恥ずかしくてたまらない。

 

う~~~~んなんかまとまらない。最近そういうことに自覚がもてたのと、ツイッターで夢ジャンルだって別に隠れる必要はない!っていう話をよくみるから勇気をもらったんです!ってことでこの話おわり!!

広告を非表示にする

0709

オタクがカラオケに集まって自分が推している2.5次元舞台を見せる会(通称:推し会)やってきました。

語彙力なさすぎて「嘘…」「顔がいい」「歌がうまい」「脚長い」しか聞こえないカラオケルーム。楽しかったよ。

私が見せたのはもちろん、ミュージカル刀剣乱舞~三百年の子守唄~(ヴェルダースオリジナル)

 

ヘタミュ

知ってるキャスト何人かいたから存在は知ってたやつ。

身長差えげつなくてキャストが舞台上に揃う度身長について言及してしまった。下は日本の163、上はフ…ンスの186。子供と大人じゃん!?!?!?

脚本家が""誰""を受けとして書いてるか、察しちゃう内容だったね…ヘヘ…。同カプだったから延命した(都合のいい捉え方をするオタク)。

台詞と台詞の間をなくしてポンポン掛け合う感じのテンポとかノリが小劇場っぽくて懐かしい気持ちになった。

事前に「(刀ミュやあんステと比べて)歌とかそんなにうまくないですよ…!」ていうハードル下げ言われたけど、歌うまくて笑った。というか普通に好きなかんじの歌多くて曲気になる。アルバムとか出てるかな。

イギ……細すぎて心配になる。弟分の国でハンバーガーたくさん食べて…。

序盤のアメ…カバブちゃん何事だったの…。性癖にささるからやめて。嘘やめないで。

そもそも原作で最高だったアメ…カ独立のはなしをみれただけでも最高なのに、最後の「ナンバーワンおにいちゃん」のくだり最高すぎて脳内でスタンディングオベーションした。ありがとう。

EDのまるかいて地球全員分歌ってもらえてテンションあがった。親のまるかいて地球より聴いた祖国のまるかいて地球、サンキュー。

 

あんステ

四作目(メイン1部完結編のはなし)のやつみた。一、二作目は視聴済み。

二作目の終わり方すごく暗くて悲しかったのに出流星隊のおかげで明るいはじまり、安心した。流星ファミリー…ありがとう…。

紅月の気配を察知したからすかさず「私、「度し難い」って言いそうな子好きなんだよね~(謎アピール)」って言ったらまじで蓮巳敬人出てそうそう「度し難い」って言ってめちゃくちゃ笑った。そういうとこ~。

瀬名泉やばホモ野郎でビッッッックリした。ノベライズ読んでたから展開しってたはずなんだけど舞台でやられると衝撃度違うね…。私が驚きのあまり気絶している間におそらくキスシーンくらいはあったはず。

Knightsのライブシーン本調子でない雰囲気出てて、にっこにこした。太陽光でぐったりしてる凛月かわいい。でも本調子でメンバー全員揃ったKnightsがみたいょ。。。やっぱりジャッジメント見なくちゃ。アタシのお姉ちゃん(鳴上嵐)もメインメンバーなんだしね!

嵐お姉ちゃん、本当の本当に顔が美しくて涙がでそうになる。生まれてきてくれて、鳴上嵐を演じてくれて本当にありがとうキタムー。

嵐ちゃんあまりにも性格がいいし周りに気を使えるし最高のお姉ちゃんだよ。大好き。

Knightsの日替わりという名のアドリブ茶番、普通にキャストも笑っちゃっててニコニコした。ただの北村諒荒牧慶彦じゃんか!!!

天祥院英智の纏うオーラが凄まじすぎて生唾のみながら「これが神アイドルですか…」って思わず口に出ちゃった。笑顔で人を黙らせるってこういうことなんだ…。また一つ学んだよ。

スバルとしののん相変わらず百合で助かる。心が…ポカポカする…。

やっぱりアイドルはいいな~夢がある。

 

 

みほとせの感想改めて書こうと思ったけど眠いからまたこんど。

広告を非表示にする

0705

とりとめのない話

ツイッターで知った毛穴に効くプチプラスキンケアアイテム使ったところ、

別に毛穴に変化はないけど顔面を30分近くマッサージする癖がついたからむくみ解消しました。

インターネッツ毛穴悩みマン信用ならないね…。彼奴らの悩みは2D…、アタシの毛穴は3D(クソリリック)

 

魍魎の匣

好きで好きで、もはや初見の感想を思い出せない。

どっかに記録しておけばよかった…後悔。

アニメとか1/3くらい京極堂の座敷で話してるだけなんだけど、あれ初見だとわかるのかな。このシリーズ読むときの私は一周目では理解してないです。読んでいるときは「なるほど~すごい~頭いい~」思ってるけど(バカ)全部読み終わる頃には中禅寺が話したこと説明できなくなってるよ。

頼子と加菜子の関係性、歪さが美しくて好き…。加菜子を心酔しているうちは頼子絶対加菜子の理解者にはなれないところがいい。それでも構わないくらい加菜子は孤独だったのか、頼子の心中を察することができなかったのか。加菜子視点の話がほぼないところがまたいい~。読者視点でもなお加菜子は神秘的で惹かれてしまう。

誰か魍魎の匣初見感想ください。

 

でとろいと

コナーーーーくんが気になってPS4のDetroit: Become Humanなるゲームをやりました。鎖国してたからしらなかったけど人気ゲームなんだね!!!

めっっっっっちゃ楽しかった(一周目)

難易度低めに設定するとゲームの楽しさ損なわずサクサクプレイできるし!!

人の心に目覚めたアンドロイド(変異体)と人間との話なんだけど、いくつも分岐する上、主人公死んでも進行したりするから違う未来ではどうなっていた…?ってすごく気になる。

主人公3人が全員アンドロイドだから、どうしてもアンドロイド贔屓の感想が出ていまいがちだけど、じゃあアンドロイドに傷つけられた人間がいなかったというとそんなことはなくて(逆恨み関係なく)、そういう人間視点もっとじっくりみたい。ほかルートで見れたりするかな。

やってる最中この前感想書いたブラックミラー シーズン2 1話思い出した。言われたことしか出来ない、飛び出した言葉を額面通りに受け取る。そういう心理的駆け引きができないAIと人間はほんとうの意味で共生できない。

でも…私…、行間の読めないタイプのキャラ性癖なんだ。

まだコナ~くんのプロローグ?しか全部開放できてないけどコナ~っくんルートだけでもいろいろみたいな…。

 

<ヤリチン○ッチ部>

そんなに知らないけどおすすめに出てから、OPソング視聴したら雷打たれて、他のキャラのソロVer.視聴も毎日聴いてしまった。

動画ガッツリBLなので注意

これ聴いたあとに

 

これ

人を不快にさせる怪電波です。聴いてください。

広告を非表示にする

0626

とりとめのない話

別に誰かに何かを言ってほしいわけじゃないのは、コメントを設置してない時点で察してもらえると思うけど、じゃあなんで公に自分の恥部を晒しているかというと、なんでだろう?ってお話。

別にブログをやっている人を貶める意図とかはない。私だっていろんなブログ見て楽しませてもらっているし。ただ、そういう人たちって人を楽しませるような文章を努力して書いていたり、そうでなくても持ち前のセンスで楽しませてくれたり…。

つまるところ、私にはなにもないのに後悔で自分のオナニー晒してなに!??!?!ということです。

なに????

サボってるけど自分だけのプライベートな日記だってあるし、わざわざこんなところで書く必要はまったくないわけで。

人に見てほしい~~~(承認欲求の塊)という感情はある。

私の嬉しい楽しい大好き(ドリカム)を知ってほしい…。そこに感想はいらないけど見てよ!!!!って思ってる。ドリカムって言ったけど、ドリカムほどプラスな感情発信してないわな。ワハハ。

これ書いているうちにもうよくない?って自分で思い始めたからもういいです。

正直自分という人間の薄さ自覚しているので、自発的に口にする日常会話のほとんどがここで書いたことあることだと思うけど知り合いは「コイツ~またブログの話題だな~HAHAHA(アメリカンホームドラマ)」って態度で暖かく見守っていてほしい。願望。いやまじでなに????って感じの話題だ。

 

ビッグ・アイズ

ずっと見たい~って思ってたやつ。

旦那のクズっぷり突き抜けてたけど、現実社会で亡くなってたんだね。死人に口なし。

裁判シーンの旦那のおもしろ劇場、滑稽すぎて「うそや~ん」思った。

娘が大きくなってから顔の変わり方すごくて誰かわからなかった。前妻との娘かと思った。

酔っていたとはいえ火遊び(本当の意味で)する旦那ヤバすぎていっそ笑った。自分ちに火つけるって頭おかしいやつやん。

 

インスタント沼

高校生の時にレンタルで観ただいすきなやつ。

さっきみたので三回目?でも覚えてないもんで、ふつうに楽しんでみた。

ハナメとガスの関係が小学生の友達同士みたいですごく好き。いつもガスがしょうがないな、って風だけどなんだかんだ付き合ってくれる。優しい~~~。パンカー(見た目)だけど隠せない加瀬亮の力。いい意味で。

強く印象に残るシーンがあるわけでも、盛り上がりがあるわけでもない。それでも元気になれる。いろんなことがまあ、なんとでもなれると思えるいい映画~。だいすき。

しおしおミロ、一回だけ飲んでみたい。作るほどではないけど。

どうにもならないことに「うわ~~~」って叫びだしたくなって、でも叫べないモヤモヤした気持ちをハナメが駄々こねて、声出して暴れまわって、みていて気持ちがいい。

はじめてみたときより、今のほうが刺さった気がする。気がするだけで、言葉に出来ないから意味はないけれど。

 

ブラックミラー シーズン2 1話

初っ端から性癖どストライクで震えながらみた。

死んだ恋人と同じ姿形しているのに違う人っていうだけでも最高なのに、AIによって作られた人格だから融通がきかなくて、感情的に「出て行け」と言われたら素直にしたがってしまったり、海へ飛び込め(死ね)と言われると少しためらうが従おうとする姿…、胸がポカポカしたよ…(性癖だから)。

ガラスの破片がてのひらに刺さるシーンの非人間感ぞくぞくした…。そこで変な間があって何事もなく「(飛び散ったガラスの破片を)紙に包まなきゃね」って言うところとか~!人間じゃないー!すきー!

話のテーマは全然違うけどserial experiments lain思い出した。仮想空間の中に人格があるのなら、肉体を捨て去っても生きているのでは?って90年代によくみた気がする。気の所為?木のせい。

広告を非表示にする